×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

飛鳥より花粉見舞い申し上げます

いつもと違って和む、春っぽく穏やかな雰囲気を目指しました
梅の文様を使ったり、折角なのでタイポグラフィっぽく巫山戯てみたり
大陸に倣っていた当時では、梅が現在の桜のような代表的存在だったようです
前へ 戻る 次へ